• 現在の自毛植毛の欠点とは

    • 薄毛改善法としてミノキシジルやプロペシアの次に高い改善率が期待できるとされている自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を後頭部や側頭部などから採取して、それを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。



      身体への負担が少なく、一度発毛してしまえばその後は自分の髪の毛としてヘアサイクルを繰り返していきますのでメンテナンスの必要もないとされています。このように非常にメリットがあるとされている自毛植毛ですが、もちろんデメリットも当然存在するとされています。自毛植毛における欠点とは採取できる髪の毛の量に限界があるということです。


      そもそも自分の髪の毛を採取するわけですから、頭皮に残っている髪の毛が少なければ移植する本数も少なくなってしまうことが考えられます。
      一度の自毛植毛で採取できる髪の毛の量は1500〜1800株とされているので、薄毛の進行状態が深刻な人の場合には十分に採取することが出来ずに移植をしても十分な密度が保てない可能性があるのです。最近ではメガセッションと呼ばれる一度にたくさんの髪の毛の移植を行う技術もあるとされていますが、採取できる髪の毛が増えるわけではないので結果的に本数に限界が出てくると言えるでしょう。



      ただ、現在研究が進められている体のどの部分にも変わるips細胞によって、際限なく髪の毛を増やすことが出来れば、頭皮の髪の毛が少なくてもドナー採取にとらわれることなく移植ができる日もあるかもしれませんが、まだ研究段階なのでいつそれがかなうのかは先の話となるでしょう。



      このように、一見メリットばかりと思われますが実は当然デメリットも存在しますのでそれを踏まえた上で自毛植毛を受けるどうか決めていくのが良いと言えるでしょう。

  • 基本知識

    • 自毛植毛の失敗に多い例とは

      自毛植毛は薄毛改善法として非常に効果が高いとされている一方で、実際に手術を行う医師によっては仕上がりや術後の発毛差が出てしまう方法でもあるとされています。では、自毛植毛においてどんな失敗例が考えられるのか考えてみましょう。...

  • わかりやすい情報

    • 自毛植毛はくせ毛が強い人でも受けられるのか

      薄毛改善法として高い効果が期待できる自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を採取してそれを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。自毛植毛を行うにあたって、髪の質を考えてみると一般的な直毛であれば問題なく施術が行うことが出来そうですが、天然パーマやくせ毛の人は自毛植毛が可能なのか気になるところです。...

  • 人に言いたい医療・よく解る情報

    • 自毛植毛を行う際にはクリニックの設備の確認を

      薄毛に陥った人にとって、症状を克服するにあたって育毛や発毛のための対策は欠かせないものです。しかしこれらの対策は薄毛治療クリニックの専門治療などにおいても決して即効性のあるものとはいえず、これらの多くが数ヶ月単位で長い間にわたって治療やケアを続けていかなければなりません。...

    • 自毛植毛の施術を受けるにあたっての注意です

      髪の毛が薄いことでの劣等感を持っている人は少なくありません。昨今はAGAの言葉が定着するなど、その悩みの根深さには深刻なものがあります。...