• 自毛植毛はくせ毛が強い人でも受けられるのか

    薄毛改善法として高い効果が期待できる自毛植毛は、自分の健康な髪の毛を採取してそれを薄毛が進行している部位に移植していく方法です。



    自毛植毛を行うにあたって、髪の質を考えてみると一般的な直毛であれば問題なく施術が行うことが出来そうですが、天然パーマやくせ毛の人は自毛植毛が可能なのか気になるところです。



    日本人の人口の約90%は直毛とされていますのでくせ毛の人はかなり少数派ではありますが、くせ毛にも様々な種類がありねじれている場合や凹凸がついている場合など人によって異なりますがくせ毛の人が自毛植毛をしたらどのようになってしまうのでしょうか。

    ねじれていても凹凸があってもくせ毛であってもあるいは天然パーマであっても自毛植毛は可能です。

    ただ、移植を行う場合には髪の毛の生えてくる方向をきちんと考えた上で移植を行っていかないと植毛後に髪の毛が伸びた後も不自然になってしまう可能性があります。


    そのため、植毛を行う医師の技術力に左右されると言っても過言ではないでしょう。



    特に髪の毛のくせが強い人の場合には手術を行う前にあらかじめ綿密なカウンセリングを行いどのように仕上げていくのかということを話し合い意思の疎通ができていることが理想と言えるでしょう。そのためには、信頼できる医師の下で術後のヘアスタイルをどのようにしたいのか、どのように髪の毛のボリュームを仕上げていきたいかなど十分に話し合った上で手術を受けるのが望ましいと言えるでしょう。