• 自毛植毛の失敗に多い例とは

    自毛植毛は薄毛改善法として非常に効果が高いとされている一方で、実際に手術を行う医師によっては仕上がりや術後の発毛差が出てしまう方法でもあるとされています。
    では、自毛植毛においてどんな失敗例が考えられるのか考えてみましょう。

    考えられるケースとしては、移植したにもかかわらず移植した髪の毛がすぐに抜け落ちてしまうパターンです。抜け落ちてしまう原因としては、採取した後の髪の毛の管理が不十分な場合やドナーを移植する際のミス、患者自身のその時の体調や疾患の問題などが挙げられます。
    その他に考えられる失敗としては、術後の傷跡が大きく残ってしまうケースです。
    手術方法は大きく分けて2種類あるとされており一つはメスで切開する方法と切開をしないで行う方法とがあり、メスで切開する方法は医師の技術力によっては術後の傷跡が大きく残って目立ってしまうことも否めません。


    そして、術後の仕上がりに満足がいかない失敗例もあるとされています。
    たとえば、生え際が一直線で不自然に感じたり、頭皮の密度が少なすぎて地肌が目立ってしまうといったこともあるとされています。
    これは、患者と医師の疎通がしっかりお紺われなかったことによって起こることが多いため、このような失敗に陥らないためには術後の仕上がりについての綿密なカウンセリングを行うのが良いとされています。



    このように、実は自毛植毛においては失敗例もあるとされておりこんなに失敗するのであれば受けない方が良いのではと不安になってしまう人もいるかもしれません。



    ただ、技術力の高い医師の下でしっかりとカウンセリングを行い植毛を受ければまず失敗することはないと言えますので、今度こそ本気で薄毛を改善したいと考えているのであれば一度自毛植毛を検討してみてはいかがでしょうか。